Make your own free website on Tripod.com

 
全学共闘会議
 




1968年、
日本の歴史上めて
革命が起きた。

それは以後の世界を規定する先進国革命の号砲だった。

闘いに参加した数百万の若者たちはいまもあらゆる場所で
あらゆる方法で
1968年革命の遺志を引き継いでいる。

かれらは初めて、
軽々と国境を粉し、
人民主権を黙約した。



、、、論理に忠実であることは遠くまでゆくことを強制する。。一月十八日、十九日もまた物事の始まりでしかない。、、、ぼくたちの闘いにとって、より重要なことは政治的考慮よりも闘いを貫く思想の原点である。もちろんぼくたちはマスコミの言うように「玉砕」などはしない。、、ぼくたちは研究室を戦場にしてでも闘いの圧殺には反撃する。まして攻撃が拠点に向けられたならば、何を使ってでも守り抜くであろう。知性に誠実であるためには、そうする以外に何があろう。政治家や官僚どもの論理に、ぼくたちが一年間の思考でたどりついた論理を売渡すことはできない。
『知性の叛乱』






Copyright(C) 2001  All Rights Reserved.